敏感肌のニキビの原因とお手入れ法

少しの外的刺激が肌荒れの原因となりかねない敏感肌は、ニキビが出来やすく治りにくい場合もあります。

 

もともとニキビは、思春期以降に出来てしまう原因の多くは、肌の乾燥やホルモンバランスの変化などがあげられます。

 

敏感肌は、肌の表面だけでなく内側まで乾燥しているインナードライ肌になっている事が多いため乾燥からニキビが出来やすくなっています。

 

敏感肌のニキビは保湿重視でお手入れしよう

敏感肌の特徴は、肌の潤いが少なく乾燥して肌のバリア機能が低下している事です。

 

生活習慣や食生活、元々の肌質などもありますが、乾燥を促しているのはホルモンバランスの影響も受けています。

 

生理前になるとニキビが出来る事はありませんか?

 

これは生理前になると女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が優位になるためです。

 

男性ホルモンは、肌の潤いをなくし皮脂を分泌するという肌にとってはありがたくない働きをします。

 

そのため、ニキビが出来てしまったら保湿を促してあげましょう。

 

敏感肌だけでなく普通肌の場合も同じです。大人のニキビは、肌の乾燥から不要な皮脂が分泌されて毛穴に詰まることで出来やすいからです。

 

敏感肌のニキビ用化粧品

化粧品を変えることは敏感肌の方にとって少し勇気がいることかもしれません。

 

もう少し保湿力が欲しいと思って変えてみた化粧水で肌がかゆくなったり、ポツポツが出来てしまったりと敏感に反応してしまう状態なので化粧品選びを慎重にされている方も多いと思います。

 

 

 

敏感肌の場合は、インナードライになっている肌質を根本から変えて化粧品の成分が届きやすい肌環境にしてあげることが望ましいのです。

 

肌の潤いがある状態なら必要な美容成分が肌が必要としている場所まで届きやすくなっているためニキビを治したい時も先ずは肌質を根本から改善してあげるお手入れをしてみてくださいね。

 

敏感肌にも使えるニキビを治す化粧品について