夏に増えて悪化しやすいニキビの原因

夏になるとニキビが増える気がするのはどうして?

 

汗と皮脂が多く分泌されて肌環境が悪くなるからでしょうか?湿度の高い夏場は、汗に交じって皮脂も多く分泌されていると思われがちですが、実は皮脂の量は1年を通してさほど大きく変化することは無いんです。

 

例えば、脂っこいものばかり食べていたり、ホルモンバランスが崩れているなど内的、外的な要因が絡んで来れば多少の変化はありますが、夏だから皮脂が過剰に分泌されるという事はなあまりありません。

 

夏にニキビが増えるのはなぜ?

ではなぜ夏にニキビが増えるのでしょうか?

 

これには、落とし穴があります。夏は、湿度が高く冬場の乾燥とは縁遠い気がしますが実は夏場も乾燥との戦いなんです。

 

どうしてかと言うと、夏場はクーラーの効いた室内で過ごすことが多くなりますよね?

 

すると汗を掻いていた肌から汗と皮脂が一緒に蒸発するため肌はとても乾燥しやすい状況になります。

 

冬場の暖房によって乾燥するのと実は同じ原理なんです。

 

肌が乾燥してしまうと、毛穴に角栓が詰まりやすくなるため毛穴の奥で分泌された皮脂が出口を失ってしまい、ニキビが発生してしまいます。

 

クーラーによって乾燥してしまうと、肌は潤いが不足していると勘違いして通常は分泌されるはずのない皮脂を分泌ししてしまうため結果的に毛穴の奥でニキビの原因になってしまうんですね。

 

夏のニキビがひどい状態になるのは間違ったお手入れのせい?

夏は汗に皮脂にベタつきに不快な思いをするため、1日に数回洗顔をしているという方もいるのではないでしょうか?

 

女性の場合は、メイクをしているので日中に洗顔はあまりないかもしれませんが夏場の洗顔には注意が必要です。

 

紫外線によるダメージやクーラーによる乾燥で肌のバリア機能が弱っている可能性が高いため刺激を与えてしまう様な洗顔法はおすすめできません。

 

毛穴に詰まった皮脂を落とそうとしてゴシゴシ擦ってしまうと余計に毛穴に角栓が詰まってしまう環境を引き起こしかねない為夏でも優しく刺激を与えない方法で洗顔をしてみてくださいね。

 

夏のニキビを治すスキンケア

夏に増えて酷くなりやすいニキビを治すには、「保湿」がポイントです。

 

冬場と同様に紫外線やクーラーの影響で思った以上に肌は乾燥しています。

 

ニキビが増えてしまったら、肌はバリア機能が弱った敏感肌よりの状態になっているため敏感肌用のスキンケア化粧品で保湿力を高めてバリア機能をあげることも肌にとっては刺激の少ないお手入れ法になります。

 

ニキビは皮脂を落として清潔に!というのも全て間違っているわけではないのですが、肌の乾燥から皮脂が分泌されて毛穴に詰まりニキビの原因になるニキビ発生スパイラルが存在するため肌に優しいお手入れ法を行ってみてくださいね。

 

敏感肌用のニキビ化粧品について