ニキビ跡は一般皮膚科よりもクリニックがおすすめ

ニキビが炎症を起こしたり凹凸ニキビが悪化してニキビ跡が出来てしまったら、ニキビ跡を治す為にはどのようなケアをすればいいのでしょうか?

 

ニキビ跡が出来る時と出来ない時がありますが、セルフケアによって皮膚を傷つ毛てしまった時に出来てしまう場合が多い様です。

 

少し詳しく見てみると、ニキビ跡が半年経っても治らない場合は、皮膚の真皮層で起こっている可能性があるため治りにくくなります。

 

凹凸ニキビによるニキビ跡は、指や爪で無理やり化膿したものを押し出すことで皮膚が傷つき真皮層の肌細胞が破壊されて色素沈着をおこしているために起こります。

 

ニキビ跡を治したい時のクリニックでの治療

ニキビが出来たら皮膚科を受診する場合が多いのですが、皮膚科ではニキビの炎症を沈め早くニキビ自体を治す治療が行われます。

 

主に飲み薬や塗り薬が用いられます。

 

一方美容皮膚科では、繰り返し出来てしまうニキビを根本から治療して肌質の改善や生活習慣などのアドバイスがあるところもあるため皮膚科で通院してもなかなか治らないニキビやニキビ跡が治らない場合は、皮膚科よりも美容皮膚科(クリニック)での治療の方が早く改善する可能性があります。

 

ニキビ跡を 治したい時のクリニックでのニキビ 跡治療

では実際にクリニックではどんな治療が行われているのでしょうか?

 

  • ケミカルピーリング(肌のターンオーバーを整える)
  • イオン導入(薬剤を皮膚に浸透させる)
  • フラクセルレーザー(新しい肌細胞へ蘇らせる)

 

他にもクリニックによって独自のニキビ跡治療を取り入れているところもあります。

 

ニキビ肌にも刺激が少なく毛穴汚れを落とす洗顔やニキビケア化粧品でお手入れを続けても繰り返すニキビが治らない、ニキビ跡が出来てしまったなどの場合はクリニックで相談されるのもニキビを治す一つの方法です。

 

自分で出来るニキビを治すお手入れ法