ニキビ跡のシミを消す方法

ニキビ跡が出来てしまうと、メイクの時にコンシーラーが必要になるので隠す事に苦労しますよね。

 

それでも1か月位すればニキビ跡が消えていたので「ニキビ跡は消える」ものだと認識していたんです。

 

でも、あまりにも酷い炎症を起こしたニキビや30歳を過ぎてから出来てしまったニキビ跡は1ヶ月経っても消える事がなく、消えるまでに時間が掛かるかそのまま残ってしまうかのどちらかになります。

 

そんなニキビ跡がシミのようになってしまった時の対処法とは?

 

ニキビ跡のシミを消す方法

ニキビに種類がある様にニキビ跡にも種類があります。

 

  • 赤味のあるニキビ跡
  • 茶色のニキビ跡
  • クレーターになったニキビ跡

 

これらのニキビ跡が出来る原因は、炎症や化膿してしまったニキビの治癒が上手くいかなかったことだと考えられます。

 

どれも肌のターンオーバーが行われていればやがて古い肌細胞と一緒に排出されていきニキビ跡が消えるメカニズムなのですが、時間がかかるためメイク時には隠す手間が必要になります。

 

そして、ターンオーバーを整えるお手入れを継続して行う根気良さも必要です。

 

時間はかかっても安全で副作用がなく行えるお手入れ法は自宅で行うセルフケアです。

 

クレーターになってしまった凹凸ニキビ跡は、状態や出来ている範囲にもよりますが、セルフケアでは治らない場合もあります。

 

ひどいクレーターになっている時は、皮膚科などで商談されてみてくださいね。

 

ニキビ跡のシミにはレーザー

ニキビ跡を美容の観点から消す事も出来ます。

 

美容クリニックや美容皮膚科などでは、シミやシワ、ニキビ跡まで様々な肌の悩みを改善できます。

 

一度に費用は掛かりますが、実績のあるクリニックなら早く治したい時には力強い方法かもしれません。