ニキビを治したいならホルモンバランスを整えよう

ニキビが出来る原因と言われているホルモンバランスですが、どんな状態の時に出来やすいのでしょうか?

 

私たちのホルモンには、男性ホルモンと女性ホルモンがあります。

 

ニキビとホルモンバランスの関係

男性ホルモンは、皮脂の分泌を促したり分泌された皮脂を毛穴に詰まらせてしまうという厄介な働きがあります。男性のホルモンというイメージですが、実は男女ともに持っているホルモンです。

 

女性の体内でも作られているため、ホルモンバランスが乱れると男性ホルモン優位になってしまいニキビが出来やすくなるというメカニズムがあります。

 

一方女性ホルモンは、美肌ホルモンとも言われていて皮脂の分泌を抑えたり、肌のバリア機能を整える働きがあります。

 

妊娠安定期後に分泌量が増えるため、安定期に入って肌の調子が整う事が多いと言われています。

 

ホルモンバランスを整えてニキビを治そう

肌荒れが起きていない時は、ホルモンバランスが保たれている状態ともいえます。

 

でも人間には様々な生活スタイルがあるため、時にはストレスが多くかかったり、女性であれば妊娠への準備期間と言うものがあります。

 

ストレスは、現代病ともいえますが、ストレスが増えると自律神経の働きが乱れます。

 

自律神経の働きが乱れると、ホルモンバランスも乱れやすくなります。また、疲れやすくなったり、肌荒れが起きたり、体にあまり良い影響がありません。

 

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが取れていれば肌荒れは起きにくいのですが、男性ホルモンの働きが優位になってしまうと皮脂が分泌され毛穴に詰まりニキビの原因になってしまいます。

 

ホルモンバランスを整えるには、ストレスを溜めこまない事です。

 

食べ物や飲み物など体内に取り入れるものだけでコントロール出来ればいいのですが、一筋縄では調節出来ないのがホルモンバランスです。

 

ニキビを治したいなら女性ホルモンの働きを利用しよう

頭で考えたことがホルモンバランスに影響を与えていれば美肌を保つのは案外簡単かもしれません。

 

本屋に行くと、自律神経を整える方法や塗り絵をするだけで自律神経の働きが整うと言った類の本も扱っています。

 

緊張状態が続くと交換神経が優位になり続けてしまい疲れてしまいます。

 

副交感神経を働かせるテクニックを身に着けてストレスが多くてもびくともしない強い心身を作ることもニキビの予防になります。

 

ニキビ用のスキンケア