ニキビを治したい時はこの洗顔料

ニキビを治したいけどいつも顔のどこかにニキビが出来ている事ってありませんか?

 

今使っているスキンケア化粧品を変えるとニキビが出来にくくなる場合があります。例えば、油分が多かったり泡立ちが良すぎたりする洗顔料を使用している時は、界面活性剤不使用で肌の刺激になる成分が入っていないものを使ってみましょう。

 

ニキビを治したい,洗顔

 

 

ニキビを治したいなら洗顔料の見直しと洗顔方法を変えてみましょう

 

ニキビが治らない時は、もしかしたら洗顔で悪化させてしまっている可能性もあります。

 

洗顔料にはクリームタイプやフォームタイプ、石鹸タイプなど幾つか種類があります。泡立ちの良さを売りにしているものは、界面活性剤が使用されている可能性が高く汚れだけでなく潤いとして必要な皮脂まで奪ってしまい逆に乾燥を招いて肌質が改善されないこともあります。

 

個人差はありますが、洗顔後に肌の乾燥が激しかったり、直ぐに突っ張ったりする場合は、その傾向にあります。

 

また、汚れ落としのために熱めのお湯で洗顔している場合も必要な皮脂まで洗い流してしまう事もありますので肌の乾燥に繋がってしまいます。

 

洗顔料を選ぶ時は、泡立ちだけで選ばず肌の汚れを落として潤いを残すものを選びましょう。

 

そして、洗顔時には、熱いお湯は使わずにぬるま湯で行いましょう。

ニキビを治したい,ニキビケア

 

殺菌成分(サリチル酸)と消炎成分(グリチルリチン酸)をプラスした医薬部外品のニキビケアシリーズは、大人ニキビに悩む方の意見を取り入れてニキビのケアと肌質改善が目的になっています。

 

詳しくはコチラからご覧いただけます>>毛穴・ニキビのW対策!【アクポレス】

 

 

ニキビを治したい時は肌のターンオーバーを整えよう

ニキビは毛穴に詰まった皮脂が毛穴から出られなくなってしまい出来てしまうニキビの初期段階でもある白ニキビの状態で早めに治すと痛みもほとんどなく治りも早いです、

 

毛穴の中で炎症を起こすと見た目も赤くなり、ニキビの治りが遅くなります。

 

毛穴詰まりが起きてしまうのは、肌のターンオーバーのリズムが遅れてしまうためです。肌荒れしやすい肌の乾燥状態の場合は、ターンオーバーが遅れがちですのでしっかりと保湿を行ってまずは肌を乾燥から守りましょう。

 

潤いのある肌は、皮脂が毛穴詰まりを起こしにくく、ターンオーバーによって古い角質や余分な皮脂が剥がれ落ちてくれます。

 

ニキビを治す3つのスキンケア方法