ニキビを治したい時の糖分の摂り方

脂っこいものや甘いものを食べすぎた日以降に、肌荒れやニキビが出来たという経験はありませんか?

 

私の場合は、チョコレートとナッツの組み合わせがとても美味しいアーモンドチョコレートやあられ、おかきなどを多く食べた翌日にニキビが出来る事が多いです。

 

個人差はありますが、チョコレートよりもあられの方がニキビが出来やすい場合もあります。

 

甘いチョコレートは砂糖が大量に入っていますから糖分と言われれば納得です。

 

でも実は、あられも糖分なんです。糖分と言うと、砂糖だけというイメージもありますが、糖分にはこんなものも含まれます。

 

  • ご飯
  • 麺類
  • コーン

 

ご飯には糖分がなさそうですが、実はご飯の食べ過ぎは肌が荒れる原因になります。

 

ニキビを治したい,本気,糖分

この生クリームのタワーに見覚えはありませんか?

 

ニキビが糖分の摂り過ぎで出来る原因

ニキビが出来るメカニズムは、食生活や睡眠不足などの生活習慣が影響して肌荒れを起こしてしる場合と、ホルモンバランスの変化による影響の場合があります。

 

前者の場合は、今からでも改善することが出来るので今日からでも始めて見てはいかがでしょうか?

 

具体的には何をすればいいのでしょうか?

 

  • ご飯や麺類などの糖分を含む食べ物の摂取を控えめにする
  • 甘い飲み物や清涼飲料水には想像以上に多くの砂糖が含まれているため水、またはお茶に切り替える
  • (話題の糖質制限を行ってみる)
  • 睡眠時間をたっぷりとる
  • 暴飲暴食をやめる

 

良く見てみると、ダイエットを始めるときに気を付ける事と似ています。

 

ダイエットをすると肌が綺麗になるのは、糖分の摂取が減るためです。

 

 

ニキビを増やす糖分の分解にビタミンが消費される

ご飯や麺類など糖分を取った後は、眠くなったりだるくなる場合があります。

 

これは、糖分を摂ると血糖値が上がるからです。急にからだが熱くなったりするのはそのためです。

 

そして、糖分の分解に体内のビタミンが消費されるためビタミン不足になってしまいます。

 

ビタミンは、キレイな肌を作るために欠かせない成分ですが体に蓄えておく事の出来ないのも特徴の一つです。

 

糖分の摂取を抑えてビタミンの消費を減らすのもひとつですが、食品やサプリから補うのも方法のひとつです。

 

ニキを治すためのスキンケア法