ニキビは潰した方が治るが早い?

ニキビを潰す行為は、雑菌が入る恐れがあるため良くないと言われていますが、一方で潰した方が早く治るという意見もあるんです。

 

実際のところどうなの?と思い、実際にニキビを潰して検証してみました。

 

ニキビ,潰す,治る

 

ニキビを潰すと早く治る

実際にニキビを潰してみると、潰したニキビ全てが綺麗に治るわけではありませんでしたが治りが早くなるというのは実感しています。

 

皮膚科医に聞けば、自分で潰す行為はNGだと言われそうですがニキビが出来るたびに皮膚科に行くというのも時間とお金がかかりますよね。

 

赤く炎症を起こしてしまったようなニキビは、潰そうとしても中身が出てこない状態で触ってしまうだけ痛みが強くなることもありますが、ニキビの初期段階の白ニキビの場合は、潰すと翌日には悪化もせずに治り始めている場合もあります。

 

でも、潰す際に私が注意したことは、雑菌を入れない様に手をきれいに洗いハリを消毒して表面の皮膚を少しだけ穴をあけて中身を取り出したという事です。

 

あくまでも自己責任になりますが、手の雑菌などが入ってしまえば悪化する恐れもあるので気を付けてくださいね。

 

ニキビを潰す癖には注意

最後に、ニキビを潰すと癖になることがあります。

 

ニキビが出来ると手で触ってしまい潰せそうなら潰してしまうを無意識に繰り返してしまうため、肌にとっては負担が大きくなります。

 

無意識に潰してしまうのが怖いので、ニキビが出来ている時は、鏡を見ながら肌に触れる様に心掛けています。

 

実際には痛みや痒みが出てきてしまうと触りたくもなるのですが、そこはぐっとこらえてお風呂上がりの清潔な状態の時に触れる方がニキビの悪化は防げます。

 

皮膚科で潰してもらう場合は、専用の器具を使うため雑菌は入りにくいし安心感はあります。

 

私が実際にニキビを潰して早く治るか試してみた結果は、ニキビは潰すと早く治るを実感できた時と、悪化させてしまった場合の2パターンになります。

 

なので上手く潰せれば、翌日にはニキビが出来ていたことすらわからない位まで肌が落ち着いていることもあれば、返って再び海が溜まって悪化してしまうこともあるという結果でした。

 

潰した場合は、ニキビ跡になる心配もあるため、ニキビを治すためには、ニキビの出来にくい肌を作る根本治療をする方がお肌に優しい治し方かもしれません。