季節の変わり目は乾燥を防いでニキビケア

過ごしやすい季節へと変わる季節の変わり目は、一般的に体調を崩しやすい時期です。

 

体調が悪いと肌荒れも起きやすくなるため少しお手入れに気を使いたいときですね。

 

特に、春は花粉や大気汚染が気になるシーズンで秋は、冬への変わり目で乾燥が進むシーズンです。

 

なんとなく体調や肌の不調を感じたらこんなお手入れを心がけてみてくださいね。

 

季節の変わり目の体調管理で肌荒れ予防

こんな変化はありませんか?

 

  • 疲れが取れない
  • 頭がすっきりしない
  • いつものお手入れでは肌の状態がよくならない
  • 肌が乾燥する
  • ニキビが出来る

 

年令を重ねるごとに、低気圧が近づいてくるだけで頭痛が起きたり体の不調を感じやすくはなりますが、季節の変わり目は数週間その状態が解消されにくいこともあります。

 

自分が思っている以上に体にとっては負担となっている事もありますから睡眠を多く摂ったり、半身浴で代謝をあげてみたり、普段よりもスペシャルケアを多めにしてみるのも良いかもしれません。

 

季節変わり目,ニキビケア

 

すると体調が整い肌の状態も上向きになる傾向があります。

 

肌が乾燥を感じていたり、既にニキビが出来てしまったら角質ケアと保湿ケアで肌のバリア機能と代謝アップを促してみてくださいね。

 

私が実際に行ってみて効果を感じたのはこの方法です。

  1. 洗顔時に、潤いは残して古い角質を落としてくれる洗顔料に切り替えたこと。
  2. 化粧水や保湿クリームをワンランク上の保湿力のあるものに変えたこと。

 

とても簡単な方法ですが、肌は潤いを与えれば与えるほどにキメが整います。

 

すると乾燥によってできやすくなっていたニキビは予防することが出来ます。

 

肌に潤いさえあれば肌トラブルの予防にもなりますのでいつもは感じない季節の変わり目特有の肌荒れを感じたら保湿を強化しましょう。