おでこニキビを早く治したいならこの方法

おでこにニキビが出来る割合が高いのは、思春期の頃が最も高く年齢を重ねれば出来にくくなる傾向があります。

 

おでこは、顔の中でも皮脂分泌量が多い部分のため、思春期の成長ホルモンバランスの乱れによって更に過剰な皮脂が分泌されてしまうとおでこニキビが発生してしまいます。

 

もう少し詳しくおでこニキビが出来てしまうメカニズムを見ていきます。

 

おでこニキビを治したい!出来る原因とは?

おでこは、皮脂分泌が多く代謝も活発な部分です。そのためニキビが出来ても悪化しなければ比較的早く綺麗に治る可能性も高いのですが、場合によっては炎症を起こし赤く腫れあがり痛みを伴いなかなか治りにくい場合もあります。

 

おでこにニキビが出来る原因は、思春期も大人の場合も角栓による皮脂詰まりです。

 

角栓詰まりが起きる原因
  • 思春期の場合:過剰な皮脂分泌
  • 大人:肌の乾燥がが原因で起こる皮脂分泌

 

どちらも皮脂分泌が原因なのですが、少し根本的な違いがあります。

 

ニキビが悪化してしまう場合は、皮脂詰まりを起こしている毛穴の中でアクネ菌が過剰に増え続けてしまうからです。

 

悪化してしまったら長期化するため刺激を与えずに毎日の保湿ケアを丁寧に行っていきましょう。

 

おでこニキビを治したい時の洗顔方法

おでこニキビを治したい時は、洗顔やスキンケアを見直してみましょう。

 

思春期は、皮脂や汚れを落とそうとゴシゴシ擦りすぎてしまうと刺激になってニキビ悪化に繋がってしまいますので皮脂を優しく洗浄で落としてみましょう。

 

大人の場合は、強い洗浄力によって肌を乾燥させてしまうと皮脂が分泌されてしまうため余分な皮脂や汚れだけを落とせる洗顔料で優しく洗い上げるようにしましょう。

 

おでこニキビを治したい時の日常生活で気を付けたいこと

普段何気なく行っている生活習慣がおでこニキビを悪化させてしまう原因となっている場合があります。

 

  • シャンプーやリンスのすすぎ残し
  • 前髪が常に触れている
  • 汗を拭かない
  • 整髪料の付け過ぎ

 

髪の毛は、想像している以上に汚れている事もあるので、おでこニキビが出来てしまったら前髪をあげたり、整髪料を付けるのをやめるなど外的な刺激による炎症の悪化を防いであげましょう。

 

ニキビを治す3つのスキンケア