大人ニキビと保湿の関係

大人ニキビは20代以降にも繰り返し出来て治りにくいニキビです。

 

ホルモンバランスが関係していることから女性は生理前になると出来やすく、ストレスや睡眠不足など生活習慣によって変化するホルモンバランスの影響で男女ともに顔のUゾーンに出来やすいニキビです。

 

ホルモンバランスの変化で皮脂が出やすくなり、毛穴に詰まることでニキビが出来やすくなります。

 

また、年齢による肌の水分量の低下や乾燥肌の場合も皮脂が分泌されやすくなり毛穴詰まりを起こしてニキビが出来やすくなります。

 

ホルモンバランスと乾燥の改善で大人ニキビは出来にくくなりますので直ぐにでも始められる乾燥対策として保湿ケアを行ってみましょう。

 

 

大人ニキビの保湿におすすめな化粧品

ニキビ用の化粧品をライン使いするのも良いのですが、30代、40代の場合は年齢による肌の乾燥もすすんでいますのでエイジングケア化粧品を使ってみるのもおすすめです。

 

ニキビケアよりもエイジングケア化粧品の方が保湿力の高いものが多いからです。

 

肌を根本から変える保湿力のある化粧品は、私も使用したことがあり肌触りに変化が出るためもちもち感や吸い付くような肌の弾力も感じることが出来ました。

 

今お使いの化粧品を使った後に潤いが足りないなぁと感じていたら返品可能なお試しセットを使ってみてはいかがでしょうか?

 

↓   ↓   ↓   ↓

 

保湿ケアでニキビを治す化粧品

 

 

大人ニキビには保湿ケアでターンオーバーを促そう

保湿ケアが十分にできていると、肌のバリア機能が整っています。

 

肌を刺激から守る働きがあり、肌細胞を生成して古い角質と入れ替わるターンオーバー機能も正常に働きます。

 

逆に乾燥しているとバリア機能も弱く、ターンオーバーも早かったり遅かったりと肌にとっては辛い状況になっている事が多いです。

 

そのため大人のニキビには、保湿が欠かせません。

 

上記の保湿ケアでニキビを治す化粧品は、どんなに良い化粧品の成分が使われている高級な化粧品を使っても改善しなかったニキビ肌が少しづつですが改善しているのを実感したシリーズです。

 

化粧品の浸透力は化粧水を使えば直ぐに実感できますよ。

 

ニキビに特化している化粧品はコチラ