生理前に出来やすいニキビの予防法について

生理前になると肌荒れが起こりやすくなる女性は多いと思います。

 

生理前の1〜2週間くらいは、体調や心のバランスも乱れやすく普段なら気にも留めないようなことが気になったりイライラしたりとストレスを感じやすい時期です。

 

そんな時期に肌も荒れてニキビが出来てしまったらますます元気がなくなってしまいますね。

 

私も生理前症候群(PMS)と呼ばれている生理前の症状にはかなり悩まされています。

 

私の様子が変わることで家族にまでイライラが伝染してしまったり、PMSは良い影響力がないので少しでもその症状をやわらげたくて自宅で出来る事から始めて見ました。

 

生理前のニキビを予防する生活習慣とは?

・睡眠時間をいつもより多くする
 生理になる数日前は、眠気とだるさがピークに達するので睡眠時間をいつもよりも多く確保しています。

 

・体を冷やさないようにする
 手先足先が冷える冷え性でしたが、お腹周りや足元を冷やさない工夫で随分改善されました。

 

・体を温める食べ物やメニューを多く摂る

 

・ストレッチをする
 股関節のリンパが体の中でも詰まりやすいためストレッチなどで血流をよくする

 

もしかしたら、健康のためにすでに心掛けている方もいるかもしれませんが、生理前の無理は体への負担になるため体の状態に合わせて無理をせず体を休める休息の時期と考えて過ごすのも良いかもしれません。

 

体や心が元気だとつい無理をしてしまいますよね?

 

生理前は、休息の時期と決めてしまえば楽に過ごせるのではないでしょうか?

 

生理前のニキビを予防するスキンケア

毎日肌に触れていると良く解るのですが生理前は、肌のキメが荒くなって毛穴が目立ちませんか?

 

ホルモンバランスの変化によって皮脂の分泌量が増えるため毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。

 

すると毛穴も目立ち、ニキビも出来やすくなります。

 

生理前特有の肌の変化には、キメを整える保湿対策です。

 

この他にも、化粧品を変えたりホルモンバランスの乱れに効く大豆イソフラボンを多く取るようにするなど自宅で出来る予防法が意外と多いです。