口周りニキビがストレスで治りにくい原因とは?

思春期にはおでこや頬などに出来るニキビが、20代以降は口周りに集中的に出来るニキビ、いわゆる「大人ニキビ」へと出来る場所が変わっていきます。

 

口周りニキビの原因には、腸内環境の悪化や胃腸の具合が悪い時、ホルモンバランスが乱れてる事が大きく関わっています。

 

またストレスが多く睡眠不足気味で、食生活も乱れているような場合は口周りニキビが出来やすい状態です。

 

ストレス過多になると、自律神経が乱れホルモンバランスも乱れてしまいます。

 

すると生理前の様な状態になる為、ニキビが出来やすいんです。

 

生理前,ホルモン

 

口周りは男女ホルモンも関係

また口周りは顔の部位の中でも乾燥しやすい場所になります。

 

知らず知らずのうちに肌が乾燥してしまい毛穴に皮脂が詰まり、ニキビが出来やすい肌環境になっていることも考えられます。

 

女性の場合は、生理前や妊娠・出産などによってホルモンバランスが乱れると、ニキビや肌荒れが起こりやすくなります。

 

女性ホルモンにはエストロゲンという美肌ホルモンと、プロゲステロンという黄体ホルモンがあります。

 

黄体ホルモンは男性ホルモンの働きと似ているため、優位になると皮脂の分泌が盛んになったり、髭が生える部分にニキビが出来やすくなります。

 

口周りニキビはストレスを抱えた不調のサイン

口周りにばかりニキビが出来て治らないという場合は、加齢による肌の乾燥からニキビが出来やすくなっていることも理由になりますが、内面的なことも影響している可能性があります。

 

ストレスです。ストレスは万病のもととはよく耳にしますが、ニキビもストレスが原因で出来やすく、治りにくいお肌の悩みです。

 

慢性的にストレスを抱えていると、胃腸の具合が悪くなり口周りにニキビが出来やすくなります。

 

ストレスは自律神経のバランスを乱してしまう為、胃腸の具合が悪くなる体調がすぐれないなど様々な部分に不調が現れます。

 

口周りニキビを治すストレス解消法とは

ストレス解消法は自分なりのものを決めておくと、気分転換が図れます。

 

ストレス解消,気分転換

 

  • とにかく寝る
  • 思いっきり遊ぶ
  • 何もしない
  • ドライブをする
  • 好きなものを食べる

 

など何でも良いのでストレス解消法を見つけておくと、口周りニキビの予防にも繋がります。

 

口周りニキビを治すストレスを溜めない生活習慣とは

思春期ニキビとは違い口周りニキビは繰り返し出来る厄介な性質を持っています。

 

以外にも生活習慣はとても大きな影響力を持っています。

 

成長ホルモンが分泌される睡眠時間を確保出来ていない場合は、ゴールデンタイム(夜10:00から深夜2:00)にあたる睡眠後の2時間目から4時間目程度はぐっすり眠れる環境を作るとお肌のためになります。

 

普段から週に1度はリラックスする日を設けたり、ストレスを感じたら直ぐに発散するなど、日ごろから自分の気持ちを向き合う時間を大切にすると良いかもしれません。

 

顎ニキビもストレスでできやすい部位。こちらもご覧ください。

 

顎ニキビを治したい