うなじに出来るニキビの原因とは?

かゆみと痛みの両方を感じるうなじのニキビは出来てしまうと治りにくく炎症を起こしやすいので早めにお手入れしましょう。

 

気が付いた時には赤く腫れあがっている場合もあるので痛みが出る前に沈静化する方法をまとめました。

 

うなじニキビが出来る原因

うなじにニキビが出来てしまった時の事を思い返してみると、いくつか心当たりがありました。

 

  • 朝シャンをしている
  • 枕カバーを数日同じものを使用している
  • 肌が乾燥している
  • ストレスが多い
  • 睡眠不足
  • 整髪料を変えた

 

髪の毛が長いのでうなじ部分は常に清潔に保っているつもりでしたが、思い返してみると髪の毛だけでなく生活習慣の中にも原因がありそうです。

 

生理前やストレスを感じている時は、ホルモンバランスの乱れからニキビが出来やすい状態です。

 

その時期と他の原因が重なればうなじにもニキビが出来やすくなります。

 

うなじニキビは、触ってみるとほとんどが芯を持った治りにくいニキビが多いので日ごろからニキビの予防として乾燥する時期は保湿クリームをうなじ周辺に塗ったり、シャンプーは夜に行って1日のホコリや汚れを落としてから就寝するなど生活習慣を見直すことでうなじニキビ予防してみてくださいね。

 

うなじニキビのお手入れ法

うなじニキビが出来てしまったら、ニキビ専用のオールインワンジェルや保湿クリームでのケアが有効です。

 

ニキビは様々な原因と肌が乾燥していると出来やすいため顔のお手入れに使用した化粧水やクリームなどが手についている状態でうなじにもつけてあげるとプラスのケアになります。

 

30代以上の場合は、体の内側から潤いを補給するサプリを飲むこともおすすめです。

 

コラーゲンが摂れるサプリを飲んだところ、顔や体など潤いを感じるようになり、背中にも出来ていたニキビは激減した経験があります。